沿革

1953年 林重昭が第一医科創業
1955年 第一医科株式会社を現在地に設立 資本金75万円
1957年 「ファースト」ブランドで耳鼻咽喉科機器の全国販売を開始
1964年 大阪営業所を開設
1966年 輸出部を設け海外に進出。
1968年 自社製造体制を構築すべく、現在地に製造所を開設
1970年 新設医科大学・医学部の創設に合わせ営業活動を活発化
1975年 当社初のトランジスタ採用の製品「視性眼振刺激装置」を発売
1976年 本社社屋ビルが完成 地上9階地下1階 総床面積992m²
1981年 名古屋営業所を開設
1983年 イラクの13病院に対し耳鼻咽喉科診療システムを納入開始
1984年 NASDA(現・JAXA)の依頼により宇宙飛行士用訓練装置の開発を開始
台湾の学会に出展参加
1989年 大阪営業所を現在地に移転
1990年 営業部を改組し新組織を発足
1994年 年間売上金額20億円を突破
1998年 業務効率化のためIBMのコンピュータAS400の東京本社運用開始
2001年 グループウェア「サイボウズ」を導入
手術編の総合カタログを編纂
2005年 2月にISO13485:2003、本社・工場ともに認証取得
林正晃が代表取締役社長に就任
2008年 技術部を整理し、新たに製造業事業部を設置
管理部に品質保証と安全管理機能を集約
2010年 マーケティング本部、管理支援本部を設置
2011年 東京都の支援事業で「事業継続計画(BCP)」を導入
2012年 平成24年度「課題解決型医療機器等開発事業」採択
「難治性メニエール病のめまい発作を無侵襲的に軽減する医療機器の開発」
2013年 医療機器の世界最大の見本市、ドイツの「MEDICA」に出展
2014年 経産省補助金を活用し、山形県企業と開発した「LEDステラスコープ」を発売
2015年 設立60周年記念誌を発刊
異業種連携との協働開発による手術用LED顕微鏡「ファーストスコープ07型」を発売
8月29日ブランドマークを変更